· 

いざ鎌倉! JAPAN CHALLENGER AWARD2020 武田双雲氏・つるの剛士氏など 参加決定!

 地域の課題をビジネスで解決する「ビジネスアイデア」を持った起業家たちと、その事業を応援したい地元企業とのマッチングを行うビジネスコンテスト型のイベント「いざ鎌倉! JAPAN CHALLENGER AWARD2020」。本日はこのプロジェクトが10月に開催する地方創生イベント「いざ鎌倉!地方創生の祭典~JAPAN CHALLENGER AWARD 2020~」のについてご紹介したいと思います。

「鎌倉資本主義」という考えが広まる、鎌倉という地で、全国から選ばれた地方創生の先駆者が、ビジネスプランを発表します。全国に新しい地方の在り方、生き方、働き方を提案します。前回の記事では、「いざ鎌倉! JAPAN CHALLENGER AWARD2020」でビジネスプランを発表するチャレンジャーに選ばれたみなさんを紹介しました。今回は、イベントを盛り上げる「司会者」「パフォーマー」「審査員」の方々を紹介いたします。

 1 つるの剛士さん・平野裕加里さんが司会者に決定!

「いざ鎌倉! JAPAN CHALLENGER AWARD 2020」を最後まで進行する司会者は、なんと、つるの剛士さんと平野裕加里さんです!チャレンジャーのプランがより皆さんに伝わるよう、 イベントが楽しくなるよう会場を盛り上げます。

司会を務めるつるの剛士さん

つるのさんと一緒に司会を務める平野裕加里さん

2 事業プランの発表だけじゃない!書道家・武田双雲さんによる書道パフォーマンスも!

イベントでは、地方の課題解決を目指した事業プランの発表はもちろん、豪華ゲストによるパフォーマンスもご覧いただけます。パフォーマンスで会場を活気づけるゲストは書道家の武田双雲さんです。事業プラン以外のコンテンツもぜひお楽しみください。

ゲストはなんと武田双雲氏。

 

■プロフィール

書道家。1975年熊本生まれ。東京理科大学理工学部卒業後、NTT入社。書道家として独立後はNHK大河ドラマ「天地人」や世界遺産「平泉」などの題字を手掛け、講演活動やメディア出演も多数。数年前より身体に優しいオーガニック食材や発酵食品を使った店舗のプロデュースを手がけ、湘南に「CHIKYU FARM TO TABLE」、浅草に姉妹店「MISOJYU」をオープン。2019年元号改元に際し、「令和」の記念切手に書を提供。ベストセラーのポジティブの教科書や、波に乗る力(日本文芸社)など著書も多数出版。 

3 ビジネスの最先端を走る豪華審査員!グランプリは誰の手に?

審査の行方をにぎるのは豪華審査員のみなさんです。

 

<実行委員長> 藤野英人氏(レオスキャピタルワークス株式会社 代表取締役)

<審査員長> 柳澤大輔氏(面白法人カヤック 代表取締役CEO

<審査員> 村口和孝(株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表)

 <審査員>渡邊 智恵子氏(株式会社アバンティ 代表取締役会長)

<審査員>武田双雲氏(書道家)

 

その他数名を予定しています。

 

4 オンライン配信を実施!各地から地方創生について学ぼう!

今回、各地の地方起業家の皆さんにもご参加いただけるよう、オンラインでもイベントを配信いたします!詳しい参加の方法は後日、記事にてお知らせいたします。事業プランの発表やパフォーマンス以外にも、地方創生セミナーの開催や交流会など、みなさんが地方について学び、楽しめるコンテンツをご用意しております。

 

また、今回のイベント会場は鎌倉にある建長寺です。

 

厳かな雰囲気の中、事業プランの発表や書道パフォーマンスなどをお楽しみください。

 

【イベント詳細】

いざ鎌倉!JAPAN CHALLENGER AWARD 2020

日時:106日(火)10:0017:30

場所:建長寺(神奈川県鎌倉市ノ内8/※オンラインでも開催

料金〈一般〉セミナー・昼食:3000円、アワード:2000円、交流会:2000(テキスト付)

〈学生〉セミナー・昼食:2000円、アワード:1000円、交流会:2000(テキスト付) 

主催:公益社団法人ジャパンチャレンジャープロジェクト

後援:内閣府地推進事務局(予定)/経済産業省関東経済産業局(予定)/農林産省(予定)/部科学省(予定)/ 総務省(予定)/本取引所グループ/Nippon ITチャリティ駅伝

サポート企業:面白法人カヤック/グリッドグループホールディングス/NIPPON IT チャリティ駅伝/ゴーゴーカレーグループ/大和システムクリエート/アイサイト/レイメイ藤井/

■特別協力:レオスキャピタルワークス株式会社

協力:建長寺/HATSU鎌倉

運営:JAPAN CHALLENGER AWARD事務局(公益社団法人ジャパンチャレンジャープロジェクト)

 

<備考>

・コロナウイルス感染拡大対策のため、マスクの使用や消毒等徹底いたします。

・観覧席は一定の間隔をあけ、参加者の人数は制限させていただきます。