地方創生の祭典~JAPAN CHALLENGER AWARD~

【趣旨及び内容】

地域課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスアイデアを持った地域の地元事業者、地域起業家、地域おこし協力隊、地元学生などによるビジネスプランプレゼンテーションと、そのビジネスプランを応援したい地元企業や地元金融機関などとのビジネスマッチングを行い、審査員、サポート企業、参加する観覧者からの投票でグランプリ、準グランプリを決定します。登壇するジャパンチャレンジャーは、起業の専門家による指導や勉強会に参加し、地方をもっと元気に、もっと良くしたいと願う“ 思い” をビジネスプランとして磨き上げ、ジャパンチャレンジャーの熱く強い思いを多くの人が聞くことで、自分たちの力で地域を元気にしたい・できる! という意識を育み醸成させ、地域創生につながるムーブメントを創出していきます。この大会を経たジャパンチャレンジャーはいざ鎌倉!地方創生の祭典〜JAPAN CHALLENGER AWARD 2020 〜に推薦いたします。

【応募資格】

年齢不問

地方で起業を検討している個人、または経営者等

 

第二の創業や新規事業を検討している地方企業の経営者等

【選考プロセス】 

 勉強会参加or 書類選考

( 地域によって異なりますが、開催4 ヶ月前程度に募集→ 3 ヶ月前に選考・審査・通知となります。)

選考を通過したジャパンチャレンジャーは以下のステップを踏んで発表します。

 

ステップ1

各地域で主催する「JAPAN CHALLENGER SEMINAR」で講義を受けます。

ここではご自身のしたい事業や仕事を見つけ、事業モデルを構築し、そして収益モデルまで落とし込みます。

 

ステップ2

JAPAN CHALLENGER AWARD選考委員の前で発表いただき、ジャパンチャレンジャーを選考します。

※地域によっては書類選考の場合もあります。

 

ステップ3

選ばれたジャパンチャレンジャーは、専門家の指導を受け、事業モデルをさらに磨きをかけブラッシュアップを行います。

ここでは収益モデルについて最終確認を行なったり、当日発表のためのパフォーマンス指導も行います。

申し込みは各地方自治体のサイトから。

JAPAN CHALLENGER AWARD in銚子

2020年3月1日(日)

いいづな事業チャレンジ

 

2020年2月2日(日)

IZU CHALLENGER AWARD

 

2020年3月21日(土)

JAPAN CHALLENGER AWARD in小諸

2020年2月9日(日)


くまもとチャレンジャーAWARD

2019年12月8日(日)

JAPAN CHALLENGER AWARD in四條畷

2020年度実施予定

JAPAN CHALLENGER AWARD in輪島

2020年3月8日(日)

延期が決定しました。

次回リリースを

お待ちください。


2020年 AWARD開催報告書