昨今の日本は課題先進国と叫ばれて久しく、人口減少・少子化・高齢化・自治体の財源難などの課題が深刻化しています。また、コロナショックにより、様々な活動が自粛されております。その一方で「住まい」と「観光ビジネス」では地方の価値が見直されています。次なるインバウンドが再来すると思われ、観光業への可能性もさらに高まり、地域起業家の輩出が一層重要になったと感じております。人々がこれらのリスクをチャンスに変え、地方創生事業を成功させるには、行政がもつ経験やノウハウに加え、民間企業が持つ「知恵とノウハウ」を効果的に活用しながら、各地域が産官学連携による《地域のグランドデザイン》を描き具体的な事業に落とし込む地域戦略が必要です。

歴史的文化、景観、食材などのブランド構築・・・。

 今や地方には、食の六次産業、観光プログラムなどの原石が埋まっています。その原石である地域起業家(ジャパンチャレンジャー)が宝石として力を発揮し、描いた事業で地方を輝かせていくために、私たちは『彼らをいかに磨き上げるか』が大事であると考えます。彼らに経営の原理原則《ミッション・ビジョン・戦略》を学び、彼らが見出したビジネスプランを地域の方々に聞いていただき、共感・賛同・協力を得て事業として育てていく、そんなトータルサポート体制を構築していきます。『地方創生の祭典~JAPAN CHALLENGER AWARD 』は「地方起業こそ最強のビジネスモデル〜チャレンジャーの発表の場」です。

地域を愛する地元事業者や地元高校生など将来のシゴトにできる事業モデルを発表する機会を設け、単なる夢物語ではない「事業チャレンジ」をサポートしていきたいと考えています。

 なお、当イベントを主催は、各自治体と商工会など創業に関わる団体と連携し、各地域創生のプロジェクトにします。

 令和4年10月27日には、3回目となる「いざ鎌倉!JAPAN CHALLENGER AWARD 2022 建長寺」を開催します。

 また今年度も各地域「JAPAN CHALLENGER AWARD」 地方版を開催してきます。さらに今期からは、地方起業の面白塾を開講しました。全国の地域起業家と向き合い、事業アイデアを事業モデルにブラッシュアップし、「稼ぐ」地域事業を輩出していきたいと思います。

 私たちは、「地方での起業こそが、最強のビジネスモデルである!」をスローガンに、地方創生事業をサポートしていきます。

 トータルサポート

 

【起業家発掘】

地方創生事業の地域おこし協力隊制度などを活用して、地域で働いてみたい、起業してみたい、住んでみたいと思っている人たちの様々なネットワークを活用し、発掘をしています。

 

【セミナー】

地域に関心のある、もしくは地域おこし協力隊など、地域での事業アイデアを事業モデルとなるよう「稼ぐ」セミナーを行います。 

 

【プレゼンテーション】

事業モデルを発表することで、地域の方々からのサポートを得られるようになります。

 

【事業サポート】

発表後もサポートをします。事業が軌道に乗るよう、経営ノウハウや事業マッチングなどサポートします。

 

 

 私たちはこうしたトータルサポートをする役目を担うことで、これからの日本の魅力や課題を事業によって解決する『真の地方起業家』を輩出していきます。

理念

 

ミッション:地域起業家をつくる 

地域起業家が人気業種となり、地方創生事業が各地域で成功している。

 

ビジョン:地方創生ベンチャーがITベンチャーと同様主流となる。

地域が社会課題と言われたことが、昔の話と言われる。

日本が、起業後進国から起業先進国へ仲間入りする。

 

バリュー:地域起業家のプロデューサーとなる

地方創生事業にチャレンジする地域起業家の発掘、育成、発表、起業をトータルサポートする。

 

KPI(2030年)

 

・地方創生事業モデルを100地域で,JAPAN CHALLENGER AWARDSEMINAR)を開催する。

・地域起業家から10社新規上場企業に導く。

 

・大学、高校、中学校に「起業体験プログラム」を1000校に導入する。

戦略

 

ブランド戦略

私たちは、地域で起業に挑戦する地方創生チャレンジャーの発掘、育成、発表、起業をトータルサポートする。

地域起業家向けに「JAPAN CHALLENGER AWARD 」を運営し、ビジネスアイデアをビジネスモデルまで構築する実践型の東京証券取引所と連携したJPX起業体験プログラムを展開している。

 

マーケティング戦略

地域起業家、そして地方創生事業に関わるステークホルダー

地域の地元高校生などワカモノ 

 

マネジメント戦略

公益事業として、経営、金融、IT、観光など各専門のプロを理事として

事務局は、これからの主役である「ワカモノ」で組成